ヘッダーアイコン

主要サービス一覧

言語選択

生活

引っ越し後のライフライン確保。やり方は?

解約から手続きまで、電話での連絡が主。わからない事は大家に相談を!

新居への引っ越し。快適に過ごすためには、一刻も早く電気・ガス・水道のライフラインを確保する必要があります。 これらライフラインは、基本的には自分で契約をしないといけません。きちんとスケジュールを把握して連絡ミスなどがないように手順よく進めましょう。

電気・ガス・水道の使用について、いずれの場合もまずは退去予定の家で使用しているライフライン解約の手続きをおこなう必要があります。それぞれのエリアでライフラインを提供する管轄会社に連絡を取り、使用停止したい日程または退去予定日を伝えることで、手続きは完了となります。引っ越し時に自動的に解約されるわけではないので、必ず全てに連絡を入れるようにしましょう。 管轄外社は、基本的に各ライフラインサービス料金の支払先となりますが、マンションやアパートの場合家賃と一緒に支払う場合も多いかと思います。それぞれの解約手続きが異なる場合もあるので、詳細は大家や不動産会社に確認するのが確実だと言えます。

新居での契約開始に関しては、使用を始めたい日程を新しい管轄会社に連絡を入れて伝えるところから始まります。基本的には入居日になるかとは思いますが、入居前にしっかり自分の手で掃除をしたい場合などは電気・水道が必要ですし、寒い季節ですと掃除の合間にあたたかい物を飲むためにお湯を沸かしたい、なんて場合も。スケジュールを先にしっかりと組んだうえで、利用開始したい日程をきちんと相談しておきましょう。
ガスの開通に関しては立ち合いが必要となる場合がほとんどなので、立ち会える日程に合わせての開通を計画するのが安全だと言えます。
ライフラインは生活する上で必ず必要となるもの。うっかり開通連絡を忘れていた、なんてことがないように、しっかりと準備を進めることが大切です。 分からないことや確認しておきたい事があれば事前に大家にしっかりと相談しておくことで、これからお世話になる大家とのコミュニケーションを取るチャンスにもなりますよ。

topへ戻る
Fudousan Plugin Ver.5.0.1